FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2018/10   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2018/12

テンプレートの特徴
  • タイトル文字を透過にし、サイト説明文と重なり合わせることで、ヘッドスペースを極力、小さめに設定してあります。
  • カテゴリーページと記事ページには、それぞれのタイトルが表示されます。
  • IEとFirefoxでレイアウト表示確認済み;その他プラウザ未確認
フリースペース
  • このフリースペースは、サイトトップにのみ表示されます。
  • 不要な場合は、<!--index_area--> ~ <!--/index_area--> の部分を削除して下さい
  • 広告を掲載したり、ブログ紹介、SEO対策など、ご自由にどうぞ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここでは過去の試合記事・画像を展示していきます。旧サイトにアップしたものをまず古い順にこちらに掲載し直して、徐々に現在に近づいていく予定です。記事中の画像はクリックすると拡大します。
キャラ別の結果を見たい場合には、右上の検索欄にキャラ名を入力して調べるか、本体のRoster→各キャラのページに行くと一覧があります。
更新が遅れ気味ですみません。いただいたコメントはありがたく読ませていただいています。
スポンサーサイト
2014/11/01(土) | 未分類 | Page Top↑
30分1本勝負 プリンセス・ホクレア&ウリア・メリVSレミー・ライトニング&ジェニー・マーベリック

2621.jpg 2622.jpg

1回戦の第3試合はHWAチームとAWPWチームの対戦。
HWAチームは試合開始から連係攻撃を多く出して積極的に攻め込んでいく。北米タッグ王者のレミー&ジェニー組は押される展開となり防戦する場面が続いたが、決定打を受ける前にはカットやタッチで流れを変える。
手数ではHWAチームが押していたがAWPWチームも粘り、途中からは同時にボディアタックを決めるなどの連携技もみせていく。
試合はHWAチームに捕まっていたレミーが、メリのパワーボムをフランケンシュタイナーで切り返してそのままフォール。ジェニーがホクレアをカットする間にカウントが入り、AWPWチームが勝利。2回戦に進むこととなった。

○レミー・ライトニング (12分19秒 エビ固め)プリンセス・ホクレア
ジェニー・マーベリック                ウリア・メリ×



30分1本勝負 ティグレス・ウォン&ミリョンVSケイティ・ホーク&デボラ・グリーン

2623.jpg 2624.jpg

1回戦の4試合目は韓国チーム対NWPチーム。試合はミリョンとデボラの先発で始まるが、両チームとも選手の体格・力量に違いが大きいので、それぞれ相手のウイークポイントを狙う試合展開となった。
そのためにホークとウォンの直接の激突という場面はあまりなく、ミリョンとグリーンが攻められるのをどうカバーするかという攻防が試合の中心になり、その点ではやや消化不良気味の展開でもあった。
試合はNWPのパワー攻撃に苦しんだミリョンがグリーンの隙をついて丸め込んで首固めで勝利。韓国チームが2回戦に進出した。

ティグレス・ウォン (13分29秒 首固め)ケイティ・ホーク
     ○ミリョン              デボラ・グリーン×

30分1本勝負 伊藤裕美&木村多香子VSシャルロット・ウェンズリィ&ヴァネッサ・リン

2611.jpg 2612.jpg

世界タッグトーナメントの初戦はFFW代表の伊藤&木村組と、カナダWWVのウェンズリィ&リー組の対戦で始まった。ウェンズリィはカナダの諸団体のローカルな統一タイトルであるCWUミドル級王者の地位にある。
試合はやや体格で劣るカナダ組が合体攻撃を多用してまず攻勢に出るが、伊藤&木村組も同じようにツープラトンで反撃する。試合は伊藤&木村組が優勢なまま進み、木村が延髄斬りでリーをフォール。まずFFWチームが2回戦に進出した。

 伊藤裕美(12分14秒 片エビ固め)シャルロット・ウェンズリィ
○木村多香子              ヴァネッサ・リー×



30分1本勝負  ジョディ・セクストン&ジャスティン・オニールVSエスメラルダ&ブランカ・カスティージョ

2613.jpg 2614.jpg

1回戦の2試合目はオーストラリアAWW代表とメキシコLLL代表の対戦。元世界王者のジョディと現豪州王者のオニールという重量級のチームに対して、エスメラルダとブランカは2人攻撃を交えて攪乱しながらチャンスをうかがう。
LLL組はジョディにダブルのミサイルキックから2人がかりでフォールしたり、攻め込まれている場面でも隙を突いて丸め込むなどの動きを見せるが、パワーで押し込まれていき最後はオニールがアックスボンバーでエスメラルダをフォール。AWW組が2回戦に進出した。

  ジョディ・セクストン (13分50秒 片エビ固め)エスメラルダ×
○ジャスティン・オニール               ブランカ・カスティージョ

2601.jpg 2602.jpg

世界タッグトーナメントで来日中のミリョンが、藤村亜矢とジュニアヘビーのタイトルマッチを行った。KWPWには軽量級のタイトルがないためにミリョンは過去にもFFWのタイトルに挑戦している。
試合は藤村・ミリョン両者が相手をロープに振ってサイクロンホイップを出し合うところから始まったが、藤村は投げ技からグラウンドでの関節技に入って優勢に立つ。ミリョンはロープに逃れると正面からの跳び蹴りで反撃、さらに藤村をロープに振ってローリングソバット。ミリョンはDDTから藤村をフォールするがカウント2。ミリョンはさらにノーザンライトスープレックスで藤村をフォールするが、これもカウント2。

2603.jpg 2604.jpg

ミリョンは藤村を引き起こして膝蹴りで攻め込む。藤村はスモールパッケージホールドで切り返すがカウントは入らない。藤村はアームロックをかけるがミリョンはロープに逃れる。
藤村はミリョンをロープに振るとヘッドシザースホイップを連発、バックドロップからコーナーに上がってミサイルキックでフォールするがミリョンはカウント2で返す。
藤村はミリョンを引き起こすと両腕を極める変形の卍固め、ミリョンをギブアップさせて勝利した。途中でミリョンのチャンスの場面もあったが、全体としては藤村のペースで進んだ試合となった。

○藤村亜矢(14分40秒 変形卍固め)ミリョン×
2591.jpg 2592.jpg

水野亜紀と渡辺香奈がタッグマッチでルナティック/戸沢珠姫組と対戦した。水野&香奈組は過去にタッグリーグ戦でもあった組合せであり、ルナティック&戸沢組も技巧派ヒールとして現在注目されるチームである。
試合は戸沢と香奈の先発で始まった。香奈が体格の違いもあって優勢に試合を進めるが、ルナティック組は2人での攻撃で反撃する。そこからは両チームとも入れ替わりの激しい試合になった。両チームとも連携技でフォールをねらうが、それぞれパートナーのカットもあって3カウントにはならない。

2593.jpg 2594.jpg

だが10分過ぎにルナティック組は戸沢がパワーボムの体勢から水野を後方に投げ、そこにルナティックがトラースキックをカウンター気味にヒットさせるという合体技をみせる。これで水野はほぼKO状態となり、ルナティックが香奈を押さえる間に戸沢がインプラント式DDTで水野をフォールした。戸沢はこれが水野から初勝利となる。

ルナティック (12分26秒 片エビ固め)水野亜紀×
○戸沢珠姫                 渡辺香奈
2581.jpg 2582.jpg

山本里英はメルボルンでジャスティン・オニールを相手にPLWA/IWWA世界ヘビー級王座のタイトルマッチを行った。オニールはAWW(Australian Women's Wrestling)所属で、現在のPLWA豪州王者である。
試合は両者とも相手の腕を取り合うような展開で始まるが、序盤は両者互角かやや山本が優勢な展開。パワーファイターというオニールはレスリングの技術もかなりあったが、グラウンドでの膠着を嫌って山本をロープに振ってショルダータックル。オニールはボディスラムから山本を引き起こしてフルネルソンバスター、早いうちに試合を自分のペースに持ち込もうとする。

2583.jpg 2584.jpg

オニールは動きの止まった山本にエルボードロップからフォールするがカウントは2。オニールはブレンバスターからコーナーに上ってダイビングボディプレスで山本をフォールするが山本はカウント2で返す。オニールは山本をロープに振ってラリアットをねらうが、山本はカウンターのキックで反撃。
山本はロープ際での膝蹴り連発からボディスラム、エルボードロップとオニールを攻め、バックドロップでフォールするがカウント2。山本はオニールを引き起こすがオニールはエルボースマッシュで反撃してDDT。そこからブレンバスターの体勢に入るが山本はこらえ、逆にオニールにブレンバスター。山本は続いてショルダーネックブリーカーでオニールをダウンさせる。

2585.jpg

山本はオニールを引き起こすとエクスカリバー。同じ箇所を連続して攻められたオニールはフォールを返せず、山本が勝利。世界王座の防衛に成功した。
今回の試合は途中から激しい技の応酬がみられ、山本はタイトルマッチで多用している関節技をみせる場面がなかった。それでも攻め込まれる場面からもうまく試合の流れを変えてダメージを溜めず、最後はうまく連続技で試合を決めた。

○山本里英(18分38秒 体固め)ジャスティン・オニール×
20分1本勝負 渡辺美帆VS中村香織

2571.jpg 2572.jpg

今月のSPARK!にはFFWからは渡辺美帆と霧島晴海が出場した。渡辺美帆は第1試合でフリーの中村香織と対戦した。ここまでSPARK!でのこのカードは渡辺の1勝1分である。
試合開始から中村がエルボーやドロップキックで攻め込んでいくが、渡辺は中村の攻撃を受け止めて同じようにドロップキックで反撃してストレッチ技や逆エビ固めで反撃する。
試合は渡辺優勢で進んでいたが、中村は得意なフライングニールキックで逆転し、だめ押しのミサイルキックで渡辺をフォール。中村が前回の負けの借りを返す結果となった。

○中村香織(9分34秒 体固め)渡辺美帆×



30分1本勝負 霧島晴海VS彩宮涼代

2573.jpg 2574.jpg

霧島晴海はセミファイナルで彩宮涼代と対戦した。
試合は霧島がパワーで彩宮を攻めるという展開となり、ボディスラム、ロープに振ってのショルダータックル、カナディアンバックブリーカーと霧島が彩宮を攻める場面が続いた。彩宮は関節技や丸め込みでペースを変えながら霧島の攻めに耐え、ドラゴンスクリューから霧島を足4の字固めにとらえる。試合の流れからはここが彩宮の最大のチャンスだったが、霧島はどうにかロープに逃れた。ブレンバスターの体勢をこらえた霧島は彩宮にDDT、サイド式バックブリーカーでフォールするがカウント2。そこから霧島はラリアットで彩宮をフォール、これまで勝てなかった彩宮をパワーで押し切った。

○霧島晴海(10分28秒 片エビ固め)彩宮涼代×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。