FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2007/09   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2007/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0471.jpg 0472.jpg

先日FFW広報から所属選手のタッグチーム名が発表された。 今日はその中から川村由加里・宮内マリアのチーム「フリーダムウィングス」と篠田美沙緒・遠藤みどりの「レインボーアロー」が対戦した。
両チームの先発は宮内と遠藤。体格で大きく上回る宮内は遠藤をボディスラムやロープに振ってのショルダータックルで攻める。劣勢の遠藤はショルダースルーで投げられたのを着地し宮内の背中にドロップキック。さらにコーナーポストに駆け上がって背面から斜めに半回転する旋回式ボディアタックをみせ、開始からすぐに会場の注目を集めた。
一方で篠田は似たようなタイプであるのを意識したのか川村に積極的に向かっていき、川村もそれに応えて激しい技の応酬をみせた。

0473.jpg
序盤からしばらくはレインボーアローが勢いで押す展開となったが、受けに回っていたフリーダムウィングスが10分頃から地力を出して反撃を始める。篠田にツープラトンのブレーンバスターから宮内のサイドバスターと連続で攻め、フォールするがカウントは2。交代した遠藤を川村がロープに振ってローリングソバット、コーナーに振って側転ボディアタック、宮内にタッチしてダイビングエルボーからフォールするがこれは篠田がカット。
宮内は川村にタッチし、遠藤を持ち上げて背中からマットに落としたところに川村がファイヤーバードスプラッシュ。川村がフォールする間宮内が篠田のカットを妨害し、3カウントが入り試合終了。

0474.jpg
まだ新人の部類に入るレインボーアローも先輩チームを相手に15分以上粘ったのはかなりの善戦といえる。だが最後はフリーダムウィングスが先輩の実力を見せた試合となった。

○川村由加里  (17分38秒 体固め)  篠田美沙緒
  宮内マリア                 遠藤みどり×
スポンサーサイト
0461.jpg 0462.jpg

中条ともみと藤村亜矢がタッグでMIYUKI・ベレーザ・ファンタズマ組と対戦したが、試合は予想外の展開となった。
先発は藤村とファンタズマ。試合開始から藤村がつかまりリング内では2対1の状態となりがちな展開になったが、藤村のピンチにも中条はカットに入らない。藤村がMIYUKIをスクールボーイで丸め込むがカウント1、藤村はフロントスープレックスでMIYUKIを投げて中条にタッチ。中条は交代したファンタズマにヒップアタック、ショルダースルーから逆片エビ固めを出すがファンタズマはロープに逃れる。

0463.jpg 0464.jpg
中条は首投げでファンタズマをコーナー近くに持ってきて藤村にタッチ、藤村はストンピングからファンタズマをロープに振ってドロップキック。そこから逆片エビ固めを出すがMIYUKIがカットし、逆にMIYUKI組は2人攻撃で反撃。
ここで攻め込まれている藤村をリング内に残して中条が突然リングから降りて退場してしまう。 中条の試合放棄で場内が騒然とする中で、リングに1人で取り残された藤村は2人相手に反撃しようとするが、ハンディキャップマッチ状態では技も単発に終わってしまい相手コーナーに固定されて痛めつけられる。最後はファンタズマの旋回式DDTからMIYUKIのカーフブランディングで藤村も力尽きてカウント3となった。

中条は試合中の行動について「実力もないのに新人ばかり注目されて優遇されているのが面白くない。これからは北川さんたちとやっていく」と試合後に発言。FFWフロントは中条の行動に対して60日間の試合停止処分を科した。これはヒール側に転向するということのようであり、今後の中条の動きが注目される。

       ○MIYUKI (12分40秒 体固め) 中条ともみ 
ベレーザ・ファンタズマ                藤村亜矢×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。