FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2007/12   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2008/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aブロック公式戦 30分1本勝負 メドゥーサ北川&ワイバーンVS藤村亜矢&水野亜紀

0561.jpg
Aブロックはスケイリーモンスターズとファンタジェンヌの対戦。
普通に試合をすればスケイリーモンスターズがあっさり勝ってしまう実力差が両チームの間にはあるが、トップヒールのチームともなると簡単には試合を終わらせない。試合はほとんど一方的で、スケイリーモンスターズが時間をかけてファンタジェンヌを痛めつける場面をじっくりと観客に見せるような展開になった。
最後は北川が藤村をマッスルバスターでフォールし、スケイリーモンスターズが無難に勝ち点を獲得した。

○メドゥーサ北川 (15分24秒 片エビ固め) 藤村亜矢×
    ワイバーン                 水野亜紀



Bブロック公式戦 30分1本勝負 木村多香子&伊藤裕美VS篠田美沙緒&遠藤みどり

0562.jpg
Bブロックはスターセイバーとレインボーアローの対戦。
優勝候補のスターセイバーを相手に、篠田と遠藤はコンビネーションで対抗しようとする。合体攻撃などで練習の成果を見せるが、技をに受けきられてしまう。
試合は若手チームの勢いが止まったところでスターセイバーが攻勢に出て、木村のレッグラリアート・伊藤のヒップアタックなど得意技を一通り見せたあとに、伊藤がまれにしか出さないダブルニードロップで遠藤をKO。スターセイバーは全勝で前半戦を終了した。

木村多香子 (11分36秒 片エビ固め) 篠田美沙緒
○伊藤裕美                  遠藤みどり×

スポンサーサイト
Aブロック公式戦 30分1本勝負 川村由加里&宮内マリアVS藤村亜矢&水野亜紀

0551.jpg
今週のAブロック公式戦はフリーダムウィングスとファンタジェンヌの対戦。
フリーダムウィングスはスケイリーモンズターズ、米国チームの間に挟まれているがこのリーグ戦で存在感をアピールしたいところ。今日の試合では川村・宮内ともに得意な動きを見せ、ファンタジェンヌを圧倒した。
試合は川村がミサイルキックで水野をフォールし、フリーダムウィングスが勝利した。

○川村由加里 (10分12秒 片エビ固め) 藤村亜矢
  宮内マリア                  水野亜紀×



Bブロック公式戦 30分1本勝負 奥野美紀子&橋本めぐみVS篠田美沙緒&遠藤みどり

0552.jpg
Bブロックではダブルクラウンがレインボーアローと対戦。決勝進出をねらうデュアルクラウンは若手チーム相手には確実に勝ち星を挙げておきたい。一方のレインボーアローは勝てないまでも何らかのインパクトを残しておきたい試合だった。
試合ではダブルクラウンがメインイベンターらしさを見せて終始展開をリード。普段は標的になりやすい橋本も相手のキャリアのためか力強いファイトを見せた。奥野がダブルアームスープレックスで投げた篠田を橋本がダイビングボディプレスでフォール。ダブルクラウンが白星でスタートした。

 奥野美紀子 (9分42秒 体固め) 篠田美沙緒×
○橋本めぐみ              遠藤みどり
今月中旬から約2ヶ月間の予定で団体の主要選手が参加するタッグリーグ戦を行われる。参加チームは全8チームで、4チームずつがA/B2つのブロックに分かれてリーグ戦を行う。試合に勝ったチームには3点、引き分けの場合には両方のチームに1点ずつが与えられ、各ブロックで最もポイントの高いチーム同士が3月に決勝戦を行う。その勝者が2008年のFFW最強チームと認められる。

Aブロック公式戦 30分1本勝負 ワイルド・ローズ&アニーバレンタインVSメドゥーサ北川&ワイバーン

0541.jpg
リーグ戦Aブロックは初戦からトップ候補のチーム同士の対戦。スケイリーモンスターズが現在北米王者のローズをどう抑えるかが試合のポイントだった。
スケイリーモンスターズは来日第1戦でまだ不慣れなローズ&バレンタイン組を分断し、ローズ組が十分に力を発揮する前に乱戦に持ち込んで試合の主導権を握った。試合はワイバーンがスーパーフライでバレンタインをフォール。まずはスケイリーモンスターズが勝ち点3を記録した。

   ワイルド・ローズ  (14分50秒 体固め)  メドゥーサ北川
×アニーバレンタイン                 ワイバーン○



Bブロック公式戦 30分1本勝負 木村多香子&伊藤裕美VSイ・ヨンヒ&シュガー・ユリ

0542.jpg
Bブロックはスターセイバーが韓国KWPWからのチームと対戦。初来日のヨンヒ&ユリがどの程度の実力かが注目される試合だった。試合は実力で勝るスターセイバーが終始ペースを握る展開となった。ヨンヒ&ユリ組もそれぞれ善戦したがキャリアの違いもあり、反撃はしても試合の流れを左右するには至らなかった。
試合の結果は木村多香子がイ・ヨンヒをニールキックからフォール。Bブロックではスターセイバーが順調なスタートを切った。

○木村多香子  (10分12秒 片エビ固め)  イ・ヨンヒ×
   伊藤裕美                    シュガー・ユリ

0531.jpg 0532.jpg
2008年最初の興行では、休憩前の試合で昨年デビューした遠藤みどりと水野亜紀が奥野美紀子とハンディキャップマッチで対戦した。
普通にシングルマッチをすれば遠藤も水野も奥野の相手にはならないが、2対1では奥野も簡単に試合を決めることはできない。2人攻撃は思うようにいかないものの、遠藤と水野は早めのタッチとカットで奥野になかなかペースをつかませない。
だが2対1ではあるものの、軽量級の新人にとってヘビー級王者との試合は負担が大きく、時間が経つにつれて遠藤も水野も徐々に動きが鈍くなっていく。2人の動きが悪くなったところで奥野が攻勢に出た。

0533.jpg
まず遠藤が捕まり、ロープに振ってのフロントキックでダウンさせられてしまう。交代した水野がスリーパーホールドにとらえられるが、遠藤はカットに入れず水野はギブアップ。
新年ということで少し趣向を変えた試合であったが、ハンディキャップマッチでも奥野が快勝する結果となった。

○奥野美紀子 (8分35秒 スリーパーホールド) 遠藤みどり
                              水野亜紀×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。