FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2008/08   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2008/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0801.jpg 0802.jpg

FFW認定ヘビー級王座のタイトルマッチは、奥野美紀子と山本里英の2度目の対戦となった。山本は2006年末に一度王座に挑戦しているがその時は奥野が王座を防衛している。
試合はまず基本技の応酬から始まった。山本は首投げからレッグロック、逆エビ固めとグラウンドに持ち込もうとする。一方の奥野はエルボー、チョップなどの打撃技と腕を取っての関節技などを出していく。
序盤のさぐり合いのような展開から、奥野が山本をロープに振ってエルボー、ボディスラムからコブラツイストと攻勢に出る。奥野は自分で技を解いてボディへの膝蹴りからDDT。カウントに行くが山本はカウント2で返す。奥野は山本にボディスラム、引き起こしたところで山本がスクールボーイで切り返してフォールするが奥野はカウント1で返す。

0803.jpg 0804.jpg

山本は奥野の足を取ってストンピングからシュミット式バックブリーカー、さらにダウンした奥野の背中にエルボードロップ。そこからエプロンに出てセカンドロープを使って攻撃し、奥野を場外に落とす。場外で山本は奥野にブレーンバスター、さらに鉄柵に打ち付けてリング内に戻る。
奥野は場外で呼吸を整えてからリング内に戻るが、ロープ際で山本につかまり背中にパンチを連打される。奥野はボディへのヘッドバットで反撃しボディスラム。そこから山本をロープに振ってキチンシンク、ネックブリーカーからフォールするがカウント2。
ここで奥野はダブルアームスープレックスを出してフォールするが、山本はカウント2で返す。

0805.jpg 0806.jpg

奥野は試合を決めようと卍固めの姿勢に入ろうとするが、山本は技を決められる前に奥野を前方に投げて脱出する。山本は起きあがってくる奥野の胸元にトラースキック、コーナーに振ってランニングエルボー、奥野を持ち上げて水車落としでリング中央に投げておいてファルコンアロー。フォールするが奥野はカウント2で返す。
ファルコンアローを返された山本は奥野を引き起こして捻りを加えたDDT、そこからバックを取ってジャーマンスープレックスホールド。これで3カウントが入り、山本が激戦の末に奥野を破った。

これまでヘビー級王座は6年以上にわたって奥野が防衛し続けてきたが、今日の試合でついに防衛記録がとぎれてしまい、山本里英が新王者となった。

○山本里英(24分06秒 ジャーマンスープレックスホールド)奥野美紀子×
山本里英がFFW認定ヘビー級王者となる。


スポンサーサイト
0791.jpg 0792.jpg

今日のセミファイナルではメドゥーサ北川がジュニア王者となったMIYUKIをパートナーに伊藤・藤村組と対戦した。
試合は序盤から乱戦で、普段から組み合わせが多い北川組の方が連携もよく優位に立った。ラフファイトや場外戦もまじえながら、所々で北川のストレッチ技、MIYUKIの飛び技も観客に見せていく。
一方の伊藤・藤村組も急造のチームながら驚く連携を見せる。伊藤がMIYUKIを担ぎ上げてバックフリップ、その間にコーナーに上った藤村を伊藤がダウンするMIYUKIに投げるというファンタスティック・フリップをみせた。
そのまま藤村はMIYUKIをフォールするが北川がカットに入る。大ピンチを脱したMIYUKIは北川と交替。北川は藤村をロープに振って前蹴り、DDTからフォールするがカウント2。

0793.jpg

北川はさらにバックドロップからボディシザーズとドラゴンスリーパーの複合技を出す。伊藤がカットに入ろうとするがMIYUKIに妨害されているうちに藤村がギブアップ。途中にピンチの場面はあったものの北川&MIYUKI組が勝利した。

○メドゥーサ北川  (11分25秒 変形ドラゴンスリーパー)  伊藤裕美
     MIYUKI                            藤村亜矢×
0781.jpg 0782.jpg

長島・加藤に続いて今日は渡辺香奈がデビュー戦を行った。
試合は渡辺がエルボーやドロップキックで攻め込んで奥野が受けるという展開でスタートした。渡辺はエルボーを3発くらい出すたびに奥野のエルボー1発で倒されてしまうが、それでもまた起きあがって向かっていく。ドロップキックもきれいなフォームで出すが、奥野は受けても倒れない。
試合の最初から全力で動いていた渡辺は5分少し前から動きが遅くなった。奥野はスタミナが切れかかった渡辺をとらえてボディスラム、そこから逆エビ固めにとらえる。

0783.jpg

渡辺はどうにかロープに逃れようとするが、ロープに少し近づくとまたリング中央に引き戻されてしまう。最後は耐えきれずに渡辺がギブアップして試合が終わった。負けはしたものの渡辺はデビュー戦としては健闘した内容だった。

○奥野美紀子(6分2秒 逆エビ固め)渡辺香奈×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。