FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2008/11   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2009/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0901.jpg 0902.jpg

FFWヘビー現王者・山本里英の最初のタイトルマッチは伊藤裕美との対戦となった。伊藤は昨年一度王座に挑戦しており、挑戦者としては順当な人選といえる。
試合序盤はまず挑戦者の伊藤が攻勢に出て山本が受けるという展開となった。伊藤は投げ技で山本を倒してストンピングから逆エビ固め、パワーを生かして変形サバ折りなどで山本を攻める。山本はロープに振られてショルダータックルをうけるが、2回目は前蹴りで脱出し伊藤に四の字固め。伊藤はロープに逃れる。

0903.jpg 0904.jpg

山本は伊藤の足をとってリング中央に戻し、逆エビ固めの体勢に入ろうとするが伊藤は下からキックで脱出して山本にボディスラム。伊藤はさらにブレーンバスターから山本を担いでセカンドロープに上り、雪崩式のバックフリップからフォールするがカウント2。
伊藤はパワーボムの体勢に入るが山本はこらえてショルダースルーで返し、起きあがってきた伊藤にトラースキック。山本は伊藤にDDT、エプロンに伊藤を出すとコーナーポストに打ち付ける。コーナーにぶつかって伊藤は場外に転落する。山本はエプロンで助走を付けて場外の伊藤にジャンピングニーパッド。

0905.jpg 0906.jpg

場外で山本はさらにエルボードロップ、バックドロップで伊藤をダウンさせてからリング内に戻ってジャーマンスープレックスを出すが、伊藤はどうにかカウント2で返す。フォールをとれなかった山本は伊藤を引き起こしてファルコンアローから体固め、今度は伊藤も返せずに3カウントが入って試合は終了した。
試合の中盤までは伊藤が押していてタイトル奪取の可能性も見えたが、山本がラフファイトもとりまぜた試合運びで優位に立って王座初防衛を果たした試合となった。
ただし伊藤と山本の実力差はそれほど大きくないようにも思われるので、来年以降の王座の行方は伊藤他がどのくらい山本を追い上げるかによって流動的になってきそうという予想もできそうである。

○山本里英(18分43秒 体固め)伊藤裕美×
スポンサーサイト
0891.jpg 0892.jpg

木村多香子が水野亜紀をパートナーに宮内マリア&加藤佳恵組と対戦した。宮内・加藤組はいわゆる急造タッグではあるが、すでにこの組み合わせで篠田・遠藤組との対戦で新人の加藤が篠田をフォールするという結果を出している。今日もメインイベンターの木村が相手とはいえそのパートナーは水野であり、試合の行方は簡単には予想できない。
試合ではまず宮内・加藤組が先に攻める展開になり、木村と水野は守勢に回ってしまう。途中で水野に攻撃が集中してしまい、もう少しで加藤が水野をフォールするところだったが水野は必死に返して危機から逃れた。

0893.jpg

水野は捕まった状態から脱出すると木村に交代、試合は木村が加藤をレッグラリアートからフォールした。両チームともに勝つチャンスはあったが、中盤での水野の粘りで木村組が最後に勝利することになった。

○木村多香子(10分51秒 片エビ固め)宮内マリア
  水野亜紀                 加藤佳恵×
30分1本勝負 渡辺香奈VS彩宮涼代

0881.jpg 0882.jpg

今月のSPARK!第1試合に渡辺香奈が出場し、NFLPの新人選手の彩宮涼代と対戦した。
試合はまずグラウンド技の応酬から始まったが、細かい技のテクニックでは彩宮の方が上回っており渡辺は腕や足を極められてロープに逃れるといった展開が続く。流れを変えたい渡辺は彩宮を強引にロープに振ってドロップキック、ヒップアタックと得意の飛び技を出していきフォールするが彩宮はカウント2で返す。
彩宮は渡辺のボディにパンチを連打してスイングネックブリーカーからエルボードロップ、押さえ込んでフォールにいくがカウント2。彩宮は渡辺を引き起こしてロープに振るが、渡辺は逆にフライングボディアタックで彩宮をフォールするもカウント2。渡辺は彩宮をロープに振るが今度は彩宮がカウンターの前蹴りで渡辺をダウンさせる。
彩宮は再度渡辺をロープに振りフライングボディシザースドロップでそのままフォールし3カウント。FFWとNFLPの新人対決は彩宮涼代が制した。

○彩宮涼代(9分55秒 体固め)渡辺香奈×



POR選手権試合60分1本勝負 松本真理恵VS川村由加里

0883.jpg 0884.jpg

前回のSPARK!大会で佐藤あいりに勝利した川村由加里が、LIPの松本真理恵の持つPOR(Princess of Ring)王座に挑戦することとなった。同王座はSPARK!大会の認定する王座で、毎大会ともメインイベントはタイトルマッチとなっている。
試合は体格で勝る松本が投げ技や関節技でまず主導権を握り、川村は開始後しばらくは技を受ける一方となった。松本の動作や試合の組み立てはFFWの選手とは全く違うために川村は自分のペースがつかめないまま守勢に回ってしまったが、次第に自分の動きを取り戻してローリングソバットや側転エルボーで反撃していく。
だが大きなダメージを与える技を出すためには投げ技などで相手の動きを止める必要があるが、組み合うと松本のペースとなってしまう。 松本優勢のままで試合開始後10分が経過したところで、松本はブレンバスターからツームストンパイルドライバーでフォール。

0885.jpg 0886.jpg

川村はどうにかカウント2で返したが首にダメージが残ってしまった。松本はブレーンバスターでたたみかけるが川村はカウント2で返す。
試合を決めたい松本はパワーボムの体勢に入るが、持ち上げられたところで川村は体重を浴びせてヒップドロップ。 川村は絶叫しながらロープに走ってドロップキック、さらにDDTからコーナーに上ってミサイルキックで松本をフォールするが松本はカウント2で返す。川村はもう一回DDTで松本を倒してコーナーに上り、ファイアーバードスプラッシュで松本をフォールした。
川村は試合に勝ってPOR新王者となったが、試合終了後も首が痛む様子で首をおさえていた。王座を奪取したのは喜ばしいが、川村の体調が心配される。

○川村由加里(17分43秒 片エビ固め)松本真理恵×
0871.jpg 0872.jpg

奥野美紀子とメドゥーサ北川がそれぞれ藤村亜矢と中条ともみをパートナーとしてセミファイナルで対戦した。奥野は王座陥落後も依然としてトップの一角として安定した試合をみせている。
北川組はターゲットを藤村にしぼって序盤から2人攻撃を多用して優位に立つが、藤村も北川組の攻撃を耐えて奥野にスイッチし、5分過ぎごろからは奥野組が反撃に出る。

0873.jpg 0874.jpg

北川組は奥野の勢いを止めようとツープラトンで奥野を攻めるが、奥野組もうまく連携して北川組に決定打を出させない。
10分頃からは逆に奥野組は中条を集中攻撃し、最後は奥野がフィッシャーマンバスターで中条をフォールした。試合の展開からいうと奥野組の快勝といってよい内容だった。

○奥野美紀子 (13分46秒 片エビ固め) メドゥーサ北川
  藤村亜矢                   中条ともみ×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。