FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2009/03   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2009/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1051.jpg 1052.jpg

タッグリーグ戦優勝チームに与えられるFFW王座への挑戦権を奥野美紀子が辞退したために、準優勝チームの木村多香子とブロック2位チームのワイバーンの間でFFWヘビー級王座への挑戦者決定戦が行われることになった。
試合は序盤からワイバーンがパワーで押す展開となり、ロープへ振ってのタックル、ボディスラムなどを連発していく。木村はドロップキックやネックブリーカードロップといった飛び技やレッグシザースからの足攻めなどで応戦するが、ワイバーンのパワーに押され気味の展開となった。

1053.jpg 1054.jpg

ワイバーンはギロチンドロップで木村の動きを止めてフォールするがカウント2。さらにロープに上ってダイビングラリアットでフォールするが木村はカウント2で返す。ワイバーンはそのまま押し切って試合を決めようとパワーボムの体勢に入るが、木村は持ち上げられたところからヒップドロップで切り返す。
木村はワイバーンをコーナーポストに振ってドロップキックからフェースクラッシャーと反撃する。木村はワイバーンをロープに振ってレッグラリアート、フォールするがカウント2。木村はワイバーンを引き起こしてDDTからブレーンバスター、そこからロープに振ろうとするがワイバーンは逆に体勢を入れ替えて木村をロープに振りラリアットをねらうが木村はかわして背中へのドロップキック。

1055.jpg

木村はワイバーンをロープに振ってニールキック、ワイバーンは返せずにカウント3が入った。
この試合の結果、次に山本里英の王座に挑戦するのは木村多香子に決まり、来月タイトルマッチが行われる。

○木村多香子(18分20秒 片エビ固め)ワイバーン×
スポンサーサイト
1041.jpg 1042.jpg

山本里英とMIYUKIのFFW王者チームがタッグマッチで伊藤・水野組と対戦した。
タッグリーグ戦ではヘビー級の他チーム相手に苦戦した王者チームだが、同じような構成の相手に対しては連携のよさを発揮して優位に試合を進めた。試合の大半はMIYUKIと水野の対戦だったが、山本のアシストを受けたMIYUKIが実力の差を見せて水野をラフファイトまじりで一方的に痛めつける。
伊藤・水野組も反撃するが試合の流れを変えるまでには至らず、MIYUKIがミサイルキックで水野をフォール。王者チームが快勝した試合となった。

 山本里英 (11分34秒 片エビ固め) 伊藤裕美
○MIYUKI                  水野亜紀×
1031.jpg 1032.jpg

奥野美紀子が宮内マリアとシングルマッチで対戦した。奥野・宮内両者がシングルでの対戦を希望したことで試合が組まれることになったが、大型選手の宮内は奥野引退後にはメインで試合をできるだけの力量が求められている。この試合で宮内が奥野を相手にどこまでできるのかが注目される。
試合では奥野が開始から主導権を握った。奥野は宮内の技を受けるのではなく自分から攻勢に出て、しかも技術を見せるのではなしに殴る・蹴る・叩くといったシンプルな技で宮内を攻める。

1033.jpg 1034.jpg

宮内も劣勢を挽回しようと膝蹴り・エルボーなどで反撃し、試合は技の応酬というよりもぶつかり合いの様相を呈した。だが乱打戦では宮内の方がやや思い切りが悪く、奥野の優位を覆すには至らなかった。
試合は一方的な展開に近かったが奥野は余裕を見せずに終始厳しい攻めに徹し、最後は雪崩式のフィッシャーマンズバスターで宮内をフォール。宮内の課題として積極的に攻める姿勢を出すことが浮かび上がった試合だった。

○奥野美紀子(10分32秒 体固め)宮内マリア×
30分1本勝負 篠田美沙緒VS彩宮涼代

1021.jpg 1022.jpg

今月のSPARK!にはFFWから篠田美沙緒と藤村亜矢が出場した。

篠田の対戦相手はNFLWの彩宮涼代。彩宮は以前に渡辺香奈との新人対決を制しているが、中堅クラスの篠田にどこまで通用するかが注目される。そして一方の篠田美沙緒はコスチュームを一新しキックレガースを着用してきたが、これまでと試合のスタイルが変わるのかが気になる。

試合はまずオーソドックスにヘッドロック、ロープに振ってのタックル、ドロップキックといった攻防から始まりほぼ両者とも互角の始まり。
彩宮は投げ技などで篠田を攻めるがフォールまではいかない。5分を経過した頃から篠田がペースを上げ、それまでは出していなかったキックを交えて優勢に立った。彩宮も防御するがコンビネーションキックをさばききれずにハイキックを受けてしまう。ダウンした彩宮を片エビ固めで篠田がフォールし、SPARK!登場初勝利をかざった。
これまでオールラウンドに試合をこなす代わりに決め手が乏しかった篠田だが、キックを取り入れた格闘技スタイルで独自のポジションを築こうということのようである。このスタイルでブレイクできるのか注目したい。

○篠田美沙緒(9分47秒 片エビ固め)彩宮涼代×



30分1本勝負 市村知香VS藤村亜矢

1023.jpg 1024.jpg

藤村亜矢はNFLWの市村知香と対戦した。市村はNFLWでは中堅選手でルチャ系の技を得意とする選手。技巧派どうしの対戦として注目される。
試合では序盤から市村が多彩なストレッチ技をみせ、初体験の技のまえに藤村は守勢に回りがちとなった。
藤村はペースを変えるためにヘッドシザースホイップやダイビングボディアタックなどの飛び技で反撃する。
藤村は飛び技の連発で優位に立つが、ミサイルキックから市村を引き起こしてバックをとったところで、市村がカサドーラで丸め込んだ。
藤村はこれを返せずにカウント3。市村が一日の長があるところを見せた。

○市村知香(7分34秒 前方回転エビ固め)藤村亜矢×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。