FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2009/08   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2009/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1213.jpg

タッグマッチで山本里英と中条ともみが川村由加里・水野亜紀組と対戦した。
山本組は連携とラフファイトで試合の主導権を握り、川村組は試合の大半を分断された状態で戦うことになり、相手に有効なダメージを与えることができなかった。
試合は場外で中条が水野を攻撃している間に山本がファルコンアローで川村をフォール、山本組が危なげなく勝利した。川村と水野も実力をつけてきてはいるが、個人の力でもチームの連携でもまだ山本と中条には及ばないことが見せつけられた試合であった。

○山本里英(12分45秒 体固め)川村由加里×
中条ともみ               水野亜紀
スポンサーサイト
1212.jpg

先月デビューした大谷麻美は前座試合で加藤佳恵と対戦した。
試合は前座とはいえ大型選手どうしがぶつかる迫力のある内容となった。大谷はエルボーやロープに振ってのタックルなどで攻め込むが、加藤は大谷の技を受けながらもドロップキック、ボディスラム、逆エビ固めなど多彩な技で試合のペースを終始握っていた。
加藤のフォールを2度返すなど大谷も粘りを見せたが、最後は加藤がジャンピングニーパッドで大谷をフォールした。

○加藤佳恵(7分53秒 体固め)大谷麻美×
1211.jpg

新人の戸沢珠姫が藤村亜矢を相手にデビュー戦を行った。
戸沢は序盤からアマレスの動きを交えながら積極的に攻め込んでいった。ロープに振っての投げやグラウンド技に入る動作では新人らしくない素早い動きを見せて会場を驚かせた。
しかし藤村とのテクニックの差は大きく、藤村は戸沢の攻撃を受けながらも首固めでフォールし勝利。戸沢も負けではあったが十分に注目される試合内容であった。

○藤村亜矢(6分38秒 首固め)戸沢珠姫×
1201.jpg 1202.jpg

FFWジュニア王者のMIYUKIが来日中の世界王者オクタヴィア・ゲレーロに挑戦した。昨年ジュニア王者になって以来、MIYUKIは世界王座への挑戦は初めてである。これまでFFWの選手でオクタヴィアに勝利した者はおらず、初勝利の期待がかかる。

試合開始からしばらくはオクタヴィアの動きに慣れないMIYUKIが王者のペースにはまり、様々なルチャリブレのストレッチ技に苦しめられることになった。だがMIYUKIはやや強引に距離を取ってからロープに振ってのエルボーやキチンシンクで反撃し、オクタヴィアをコーナーに詰めてジャンピングニーパッドから髪をつかんで場外に落とす。
いつもならばここからラフファイトの場外戦となるが、MIYUKIはエプロンからオクタヴィアにミサイルキックと大技でダメージを与えるように作戦を変えてきた。ダウンしたオクタヴィアを鉄柵に打ち付けてから両者ともリング内に戻る。序盤の劣勢からMIYUKIが立て直して優位に試合を進める展開になった。

1203.jpg 1204.jpg

MIYUKIはオクタヴィアをロープに振ってキチンシンク、ボディスラムから雪崩式DDTでフォールするがカウント2。MIYUKIはもう一度オクタヴィアをコーナーに振るが、オクタヴィアは逆に振られた勢いでコーナーに駆け上ってMIYUKIにボディアタック。そのままフォールするがMIYUKIはカウント2で返す。オクタヴィアはMIYUKIを引き起こしてDDT、やや強引にコーナーポストに担ぎ上げてのデッドリードライブ。そこからパワーボムでフォール。MIYUKIは返せずに3カウントが入り、オクタヴィアが勝利した。
試合は挑戦者のMIYUKIがかなり王者を追い込む展開で王座移動も期待できたが、最後は王者の方が強引にたたみかけるようにして試合を決めた。これまでに来日して見せた試合とくらべるとオクタヴィアの余裕は少なくなっており、MIYUKIは負けてしまったものの再戦した場合にタイトル移動も期待できるような内容の試合だったといえる。

○オクタヴィア・ゲレーロ(15分26秒 パワーボム)MIYUKI×
1191.jpg 1192.jpg

木村多香子が渡辺香奈をパートナーにメドゥーサ北川・ルナティック組と対戦した。渡辺とルナティックの試合は前座での人気カードであるが、それにトップの選手を組み合わせることで渡辺とルナティックはメインイベントに抜擢されることになった。
試合は渡辺とルナティックの先発で始まり、しばらくは渡辺対ルナティック、木村対北川という組み合わせで進んでいった。だが試合巧者の北川組に渡辺がつかまってしまい、長時間一人で攻撃を受けることになってしまう。

1193.jpg 1194.jpg

渡辺はどうにかローンバトルから脱出するがダメージが大きく、交代した木村が今度はフォローのない状態で北川組を1人で相手にすることになる。木村組は分断されての展開から脱出できないままに、場外戦に持ち込まれての混戦で渡辺がドラゴンスリーパーでルナティックに破れてしまった。両チームともまったくの急造タッグではなかったが、タッグを組む頻度が高い北川組の方がチームワークでは上回っていた。

メドゥーサ北川(14分20秒 ドラゴンスリーパー)木村多香子
○ルナティック                      渡辺香奈×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。