FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2010/07   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2010/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1613.jpg

メドゥーサ北川がルナティックとのタッグで宮内&加藤組と対戦した。
北川がルナティックをリードして北川組が優勢に試合を進め、個々では力をつけてきている宮内組を圧倒した。途中でルナティックが宮内と加藤から集中攻撃を受ける場面があったがラフファイトに持ち込んで逆転し、最後は北川がマッスルバスターで加藤をフォールした。

○メドゥーサ北川&ルナティック(14分40秒 片エビ固め)宮内マリア&加藤佳恵×

スポンサーサイト
1612.jpg

相川遥香のデビュー戦の翌日に、渡辺美帆が木村多香子との試合でデビューした。渡辺美帆は渡辺香奈の妹で、昨年から練習生となっていた。
渡辺は木村を相手にグラウンドで挑むが相手にならず、逆に次々と手足を極められてしまう。だがスクールボーイで倒した状態から関節技に入るなど器用なところもみせた。
試合はグラウンドから木村主導で空中戦になり、木村がドロップキック連発からボディスラムで押さえ込んで渡辺をフォールした。元々体が細いのもあって力負けという印象だが、体格とパワーの不利を今後どうカバーしていくかが注目される。

○木村多香子(4分40秒 体固め)渡辺美帆×
1611.jpg

新人選手の相川遥香が伊藤裕美を相手にデビュー戦を行った。
相川は試合開始からリング内を素早く動き回って伊藤にドロップキックやエルボーを出すが、体格の差もあってダメージを与えられない。それでもロープに振られてのショルダーアタックをかわすなど運動能力が高いところをみせたが、運動量が落ちてきたところを捕まりボディスラムからの逆エビ固めで敗れた。
試合の勝ち負けはともかくとして、団体のトップを相手に試合中動き続けた身体能力は注目される。

○伊藤裕美(6分14秒 逆エビ固め)相川遥香×
1601.jpg 1602.jpg

来日したウリア・メリが中条ともみとのタッグで水野亜紀・渡辺香奈組と対戦した。
メリと中条はハワイHWAで対戦したりタッグを組んだりした経験があり、急造チームというわけでもなくスムーズな連携をみせた。水野と渡辺はそれぞれが2対1で捕まってしまう時間が長く、試合は開始から中条&メリ組のペースで進んだ。

1603.jpg 1604.jpg

水野・渡辺組も少ないチャンスで反撃し、またピンチの連続でも簡単にはフォールを取られずに粘ったが、渡辺がダブルラリアートからのセントーンで中条にフォールされた。全体としては中条・メリ組がパワーの違いと連携で水野・渡辺組を押し切ったという印象の試合となった。

○中条ともみ (12分50秒 片エビ固め) 水野亜紀
 ウリア・メリ                   渡辺香奈×
30分1本勝負 藤村亜矢VS市村知香

1591.jpg 1592.jpg

藤村亜矢の帰国後第1戦はSPARK!での市村知香との対戦となった。メキシコ遠征から戻ったばかりの藤村だが、NFLPの市村もルチャ系のグラウンド技を得意とする技巧派の選手であり、同じようなタイプ同士の対戦となった。過去に両者はSPARK!で対戦しており、そのときは市村が勝っている。
試合は両者ともに投げ技とストレッチ技を多用した組み立てで、大きな動きはないものの緊張した試合となった。両者ほぼ互角で何度も攻守が入れ替わったが、藤村がフロントスープレックスから変形卍固めで市村に勝利し、帰国後の初戦を無事に終えた。

○藤村亜矢(12分16秒 変形卍固め)市村知香×



SPARK!認定POR選手権試合60分1本勝負 篠田美沙緒VS松本真理恵

1593.jpg 1594.jpg

メインイベントでは前回大会でPOR王者となった篠田美沙緒がLIPの松本真理恵とタイトルマッチを行った。挑戦者の松本はSPARK!のレギュラー出場者で、過去に2度POR王者にもなっている。
試合では篠田は普段の格闘技スタイルではなく、オーソドックスなプロレスの動きをみせた。LIPには川島千里のように打撃技の得意な選手もおり、松本も格闘技スタイルには十分対策ができていることをふまえての組み立てといえる。篠田はグラウンドから入るがキックを出さない分試合のリズムが悪く、松本のペースで試合は進んだ。松本はヒップアタックやバックブリーカーなどの得意技を出していくが、フォールに結びつく技を出すまでには至らない。

1595.jpg 1596.jpg

中盤から篠田も調子を取り戻して、ジャンピングニーパッドやローリングソバットで反撃し試合は篠田ペースとなる。松本も返し技などで反撃するが、篠田が掌底からの垂直落下式ブレンバスターで松本をフォールし王座を防衛した。

だが篠田は試合後にPOR王座を返上して伊藤裕美の持つFFWヘビー級王座に挑戦することを表明。このためにPOR王座は空位となり、次回大会で王者決定戦が行われることとなった。

○篠田美沙緒(14分29秒 片エビ固め)松本真理恵×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。