FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2010/10   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2010/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1713.jpg

新人の相川遥香が山本里英とシングルマッチで対戦した。相川のキャリアを考えると異例であるが、前座試合での様子をみてカードが組まれることになった。
前座試合では同期の渡辺美帆に負けなしの相川だが、山本を相手には自由には動けない。
試合は山本がグラウンドで攻めて相川がどうにか逃れるという展開が続いたが、5分過ぎに山本がアームロックで相川をギブアップさせた。

○山本里英(5分46秒 アームロック)相川遥香×

スポンサーサイト
1712.jpg

新人の渡辺美帆が中条ともみとシングルマッチで対戦した。
中条は中堅クラスとはいえ、いつの間にかFFWの中では長いキャリアを持つ部類に入っている。この試合では中条が安定した試合運びで渡辺を圧倒した。
渡辺は中条と体格的に大きく変わらないが、試合での力強さという点ではかなり大きな差がみられた。何度かエルボー連打やドロップキックの基本技で反撃するが中条には通じず、最後は中条が逆エビ固めで勝利した。

○中条ともみ(7分40秒 逆エビ固め)渡辺美帆×
1711.jpg

ルナティックと大谷麻美がシングルマッチで対戦した。
大谷は直線的なファイトでルナティックに挑んでいくが、ルナティックはラフファイトとストレッチ技をとりまぜて大谷を翻弄し試合の主導権を持ち続けた。
大谷がラリアットなどで攻め込む場面もあったが、ルナティックがトラースキックから大谷を丸め込んで勝利した。

○ルナティック(10分26秒 スモールパッケージホールド)大谷麻美×
1701.jpg 1702.jpg

木村多香子・渡辺香奈組とメドゥーサ北川・霧島晴海組がタッグマッチで対戦した。メインイベンターの木村・北川がそれぞれ若手選手をリードするというカードである。
試合は序盤から北川組が連係攻撃を多用してラフファイトを仕掛けて優位に立ち、木村組はペースがつかめず苦戦するという展開になった。まだデビューから1年少しの霧島も北川の指示にしたがってよく動き、木村組にも物怖じせずに厳しい攻めをみせた。

1703.jpg 1704.jpg

北川組は場外戦でダメージを与えて試合を決めようとするが、渡辺が2度フォールを返して粘ってから木村組が反撃。
北川の動きを止めてから交代した霧島を集中攻撃し、バックドロップとミサイルキックのダブルインパクトで渡辺が霧島をフォール。木村&渡辺組が劣勢をはね返して逆転勝利した。

木村多香子 (14分38秒 体固め) メドゥーサ北川
○渡辺香奈               霧島晴海×
1691.jpg 1692.jpg

宮内マリア&加藤佳恵組と篠田美沙緒&遠藤みどり組がタッグマッチで対戦した。
試合は遠藤と加藤の先発で始まった。試合開始から加藤は遠藤より二回りは大きい体格で遠藤を圧倒するが、遠藤もダメージがたまる前に動き回って篠田にスイッチ。
篠田と宮内の攻防から加藤がつかまり、篠田組の合体攻撃を受けてしまう。加藤はフォールは返したもののローンバトルが長く消耗してしまう。

1693.jpg 1694.jpg

両チームほぼ互角の試合展開が続き、宮内のサイドバスター、篠田のDDTとそれぞれが決め技を出すがいずれもフォールには結びつかない。
その中で加藤が遠藤をとらえるが、遠藤はバックドロップの体勢から逃れて回転十字固めで加藤を丸め込み篠田にタッチ。篠田はコンビネーションキックから加藤にチキンウイングフェイスロックを決め、カットに入った宮内を遠藤がドロップキックで妨害して加藤からギブアップを奪い勝利した。

○篠田美沙緒 (18分20秒 チキンウイングフェイスロック) 宮内マリア
  遠藤みどり                             加藤佳恵×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。