FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2011/05   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2011/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1963.jpg

戸沢珠姫と相川遥香がシングルマッチで対戦した。前座試合では戸沢と相川か渡辺美帆の試合が組まれることが多い。
相川はボディスラムやドロップキックといった基本技をきれいに決めるだけでなく、ロープの反動でジャンプしてのDDTなどもみせていく。一方で戸沢はグラウンド技にラフファイトをおりまぜつつ、相川のリズムを乱すような試合運びで試合の主導権を持っていた。
序盤は互角の展開だったが次第に戸沢が優勢となり、戸沢がロープに振ってのスピンキックで相川をフォールした。

○戸沢珠姫(8分36秒 片エビ固め)相川遥香×
スポンサーサイト
1962.jpg

篠田美沙緒と大谷麻美がシングルマッチで対戦した。
試合の図式はトップの一角に入ろうとする篠田に大谷が挑戦するというもので、大谷は試合開始から積極的に攻め込んでいく。大谷は試合開始から篠田にボディスラムからの逆エビ固め、ショルダータックル、スリーパーホールドなどを立て続けに出していくが、ボディスラム連発からのフォールを篠田はカウント2で返す。
フォールを返してから篠田が反撃するが、最初にローキックを2発出しただけで蹴り技は使わずにグラウンド技と投げ技を出していき、大谷が出した技をお返ししていく。
試合は篠田がバックドロップからのスリーパーホールドで勝利した。

○篠田美沙緒(10分22秒 スリーパーホールド)大谷麻美×
1961.jpg

ルナティックと渡辺香奈がシングルマッチで対戦した。
試合は全般的にルナティックが主導権を持ってグラウンド技中心で渡辺を攻めるという展開になり、ルナティックはボウアンドアローやカベルナリアなどの技のバリエーションをみせる。渡辺もグラウンドでは劣勢でもヒップアタック連発からの投げ技で逆転をねらったがバックドロップはカウント2。
渡辺の反撃をしのいだルナティックが渡辺を結び目固めにとらえ、レフェリーストッップで勝利した。

○ルナティック(9分35秒 結び目固め)渡辺香奈×
1951.jpg 1952.jpg

今回のヘビー級タイトルマッチは、前王者の木村多香子を挑戦者にむかえての試合となった。
木村は試合開始から積極的に攻め込んでいく。木村はドロップキック連発から関節技につないでいくが、伊藤はブレイジングチョップで木村の動きを止めて反撃。
伊藤は木村をロープに振っての逆水平チョップからボディスラム、ネックブリーカードロップと技を出していくが、木村も逆に伊藤をロープに振り返してレッグラリアート。

1953.jpg 1954.jpg

木村は伊藤をブレンバスターからフォールするがカウントは2。木村は伊藤を引き起こしてロープに振り、フライングニールキックからフォール、試合を一気に決めようとするが伊藤はカウント2で返した。
ニールキックを返された木村は、ダメージの残る伊藤をボディスラムで投げるとコーナーポストに上ってミサイルキックで再度フォールに行くが伊藤は粘ってこれも返す。

1955.jpg 1956.jpg

木村がさらに攻め込もうと伊藤を引き起こしたところで伊藤が木村にその場でショートレンジラリアット。不意を突かれた木村は技をまともに受けてしまいダウンする。伊藤はそのままフォールするがカウントは2。
伊藤はパイルドライバーで木村の動きを止め、助走をつけてのキングコングニードロップで木村をフォール。木村もこれは返せず試合終了。試合の中盤までは木村が優勢に試合を進めたが、木村の技を受けきった伊藤が得意の展開で勝利しタイトルを防衛した。

○伊藤裕美(16分45秒 体固め)木村多香子×
15分1本勝負 渡辺美帆VS中村香織

1941.jpg 1942.jpg

今回のSPARK!では渡辺美帆が第1試合で中村香織と対戦した。
試合では両者ともに軽快な動きをみせ、お互いにドロップキックを打ち合ったりなどの場面を見せる。FFWでは体格面で力負けする場面が多い渡辺も、自分よりも小柄な中村を相手に優位に立つ場面が多かった。
両者とも基本技を中心にした攻防をみせたが相手をフォールするだけの決定打が出ず、渡辺が中村を逆エビ固めにとらえていたところで試合時間が終了。注目の新人対決は決着がつかなかった。

渡辺美帆(15分00 引き分け)中村香織



30分1本勝負 遠藤みどりVS彩宮涼代

1943.jpg 1944.jpg

セミファイナルでは遠藤みどりが彩宮涼代と対戦した。
SPARK!では彩宮がメインイベンターであるが、試合開始から序盤は遠藤がその動きで優位に立った。遠藤はリング内外を使って多彩な飛び技をみせ、彩宮を何度もフォールするが彩宮も粘って3カウントからは逃れる。
彩宮も10分頃からネックブリーカードロップやバックドロップなどで反撃をみせ、膝十字固めで遠藤をギブアップさせた。

○彩宮涼代(12分26秒 膝十字固め)遠藤みどり×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。