FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2012/01   1234567891011121314151617181920212223242526272829  2012/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aブロック公式戦30分1本勝負  木村多香子&伊藤裕美VSメドゥーサ北川&ルナティック

2251.jpg

Aブロックは木村&伊藤組と北川&ルナティック組の対戦、勝者が決勝に進出となる。
試合開始から両チームとも入れ替わりが激しく連携攻撃を繰り出すが、北川組の方がやや劣勢となった。
北川組は場外戦やラフファイトで自分たちのペースに持ち込もうとするが、木村組は持ち直して反撃。フィニッシュは伊藤が振ってカウンターで木村がレッグラリアートという合体技で木村がルナティックをフォール。木村&伊藤組が決勝進出となった。


○木村多香子(14分25秒 片エビ固め)メドゥーサ北川
    伊藤裕美               ルナティック×



Bブロック公式戦30分1本勝負 山本里英&MIYUKIVS宮内マリア&加藤佳恵

2252.jpg

Bブロックでは決勝進出をかけて宮内&加藤組と山本&MIYUIKI組が対戦した。昨年の決勝戦と同じカードである。
昨年は決勝で敗れた山本組は序盤から加藤を標的にして2人で攻撃する。加藤は合体式のフェースクラッシャーや山本のバックドロップでフォールされかかるが、宮内のカットもあり3カウントには至らない。
加藤と宮内の2人攻撃で山本をダウンさせて宮内組が反撃に転じ、MIYUKIを標的に宮内のサイドバスター→加藤のミサイルキック→宮内のバックドロップという連続技でフォール。宮内&加藤組が昨年に続いて決勝に進出した。

○宮内マリア(15分20秒 体固め)山本里英
   加藤佳恵              MIYUKI×
スポンサーサイト
Aブロック公式戦30分1本勝負 藤村亜矢&水野亜紀VS篠田美沙緒&遠藤みどり

2241.jpg

Aブロックでは藤村&水野組と篠田&遠藤組という、組み合わせ的には珍しい同期対決の試合が行われた。
両チームとも連携は互角だが、軽量級の3人に混じってパワーがある篠田がいる篠田組の方が有利に試合を進めた。
藤村と水野は遠藤をねらう一方で、篠田にも丸め込み技でフォールを狙っていく。一方の篠田組は息のあった高度な連携技を次々に出し、フィニッシュも篠田が水野をブレンバスターで投げたところに遠藤がムーンサルトプレスで落下してそのまま水野をフォール。
体格で不利な上位チーム相手とは異なり、篠田組の戦術がはまった試合となった。

○篠田美沙緒(16分42秒 体固め)藤村亜矢
  遠藤みどり             水野亜紀×



Bブロック公式戦30分1本勝負 渡辺香奈&渡辺美帆VS大谷麻美&吉見有紀

2242.jpg

Bブロックは渡辺姉妹と大谷&吉見組が対戦した。
両チームともここまで勝ち星がないどうしの対戦だが、試合開始からまず渡辺組が連携して新人の吉見を2対1で攻めて短い時間で決着をねらう。だが吉見が香奈のミサイルキックからのフォールを返すなどよく粘り、大谷組が合体技などパワーを生かして反撃する。
試合は大谷がパワースラムからそのまま美帆をフォール。経験でまさる渡辺姉妹を大谷と吉見が力で押し切った。

○大谷麻美(12分14秒 体固め)渡辺香奈
  吉見有紀              渡辺美帆×
Aブロック公式戦30分1本勝負 メドゥーサ北川&ルナティックVS藤村亜矢&水野亜紀

2231.jpg

Aブロックは北川&ルナティックと藤村&水野組が対戦した。
ここまで勝ちのない藤村組は2人の連携でルナティックをねらうことでチャンスを見いだそうとする。だが北川組も北川がうまく試合の流れをコントロールしてルナティックも捕まらないように動き、藤村組は劣勢でピンチの連続となり、時々2人そろっての飛び技や丸め込みで反撃をみせるが北川組の優勢は変わらない。
試合は北川がドラゴンスリーパーで藤村に勝利し、北川&ルナティック組が2勝目を挙げた。



○メドゥーサ北川(12分15秒 ドラゴンスリーパー)藤村亜矢×
    ルナティック                    水野亜紀



Bブロック公式戦30分1本勝負 山本里英&MIYUKI VS大谷麻美&吉見有紀

2232.jpg

Bブロックでは山本&MIYUKI組が大谷&吉見組と対戦した。
ジュニアヘビーのMIYUKIがいる山本組は体格では大谷組に対して不利だが、体格差が問題にならないほど両チームの経験やテクニックには差がある。
大谷と吉見はショルダータックルで山本を倒すなどパワーのあるところを見せるが、連携がスムーズではないところを山本組につかれてしまう。
試合ではMIYUKIが体格の差があるものの、吉見をシャイニング・ウィザードでフォール。山本組が2勝で宮内&加藤組に並んだ。

 山本里英(9分50秒 片エビ固め)大谷麻美
○MIYUKI               吉見有紀×
30分1本勝負 中嶋早月VS平島玲

2221.jpg 2222.jpg

今回のSPARK!にはFFWから平島玲と戸沢珠姫が出場、SPARK!初登場の平島は第1試合でNFLWの中嶋早月と対戦した。
試合開始直後に平島は打点の高いドロップキックを連発して先手を取り、中嶋をロープに振ってサイクロンホイップからサーフボードストレッチと優位に試合を進めていく。
最初は平島の技を受ける一方だった中嶋は平島の押さえ込みを返すと首投げから首四の字、ロープに振ってのショルダースルー、サイドスープレックス で反撃する。試合は中嶋のペースになり、平島も前方回転エビ固めなどで逆転をねらったものの、中嶋がダブルアームスープレックスから平島をフォールした。

○中嶋早月(9分25秒 ダブルアームスープレックスホールド)平島玲×



30分1本勝負 竹ノ内里香VS戸沢珠姫

2223.jpg 2224.jpg

戸沢珠姫は竹ノ内里香と対戦した。開始直後に戸沢が前蹴りで竹ノ内の動きを止めてロープに振ってキチンシンク。そこからグラウンドやロープ際でのラフファイトで竹ノ内を攻める。 竹ノ内はアームホイップで戸沢を投げアームロックにとらえるが戸沢はロープに逃れる。
戸沢は竹ノ内をロープに振ってカニばさみで倒すとSTFに入るが、竹ノ内はエスケープ。ロープに逃れるなどの防御で互いに技が決まらない展開となったが、竹ノ内がフロントスープレックスからリングほぼ中央でチキンウイングフェイスロックを決め、戸沢をギブアップさせた。 

○竹ノ内里香(8分37秒 チキンウイングフェイスロック)戸沢珠姫×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。