FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2012/02   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2012/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2281.jpg 2282.jpg

FFWヘビー級選手権試合が山本里英と木村多香子の間で行われた。山本は前回王者だった時に木村に敗れて王座を明け渡しているが、今回もその再現となるのかが注目される。
挑戦者の木村は試合開始とともに積極的に攻め込んでいく。ロックアップからスタンディングのヘッドロックに山本をとらえ、首投げでグラウンドのヘッドロックへ。山本は起きあがって木村をロープに振るが木村はジャンピングネックブリーカードロップで切り返し、さらにドロップキックを連発する。
山本はロープに振られるのをこらえて木村をコーナーに振って串刺しの膝蹴り、首投げからスリーパーと反撃する。山本は木村をロープに振ってキチンシンク、木村もエルボーで反撃してロープに振ってレッグラリアート。木村はブレンバスターで山本をフォールするがカウント2。

2283.jpg 2284.jpg

山本はボディへのパンチ連打から木村をコーナーポストに打ち付け、トップロープを使って首への攻撃とラフファイトで自分のペースにする。さらに木村を場外 に落として場外でフェンスに打ち付けてイス攻撃。だが木村もリングに戻ろうとする山本に反撃し、胸元へのエルボーから頭をエプロンに打ち付ける。
リング内に戻って木村は山本にDDT、引き起こしてロープに振りフライングニールキックでフォールするが山本はカウント2で返す。

2285.jpg 2286.jpg

木村は山本を引き起こしてバックドロップの体勢にはいるが、山本はこらえてフェースクラッシャーで切り返す。山本は木村をコーナーに押し込んで膝蹴りを連発し、コーナーポストに載せてデッドリードライブ。ダウンした木村に山本はミドルロープからエルボードロップ、フォールするがカウント2。
山本は木村を引き起こすが木村はスモールパッケージホールド、山本はカウント2で返す。山本は木村にネックブリーカーからファルコンアローでフォールするがカウント2。
山本は木村を引き起こして後ろに回るとコブラクラッチからそのままスープレックスで投げフォール。急角度で落ちた木村は返せず、山本が勝利した。

山本は前回のタイトルマッチでメドゥーサ北川に勝っただけでなく、かつてタイトルマッチで負けた木村にも勝利。このままだと安定した王者となりそうである。

○山本里英(20分14秒 片エビ固め)木村多香子×
スポンサーサイト
2271.jpg 2272.jpg

藤村亜矢&水野亜紀組と中条ともみ&戸沢珠姫組がタッグマッチで対戦した。
試合は水野と戸沢の先発で始まった。中条と戸沢のチームはこれが初めてだが、中条組は試合開始からラフファイトと連係攻撃で藤村と水野を攻める。藤村組は反撃はするもののすぐに2対1の状況になってしまい、自分たちのペースがつかめずに苦戦する。

2273.jpg 2274.jpg

10分過ぎから藤村組も反撃する。藤村がバックドロップやコルバタ、旋回式DDTなどで戸沢をフォール寸前まで追い込み、交代した中条にもツープラトンのジャンピングネックブリーカーから水野がスワンダイブ式ミサイルキック。そこから藤村がジャーマンスープレックスホールドで中条をフォールした。
序盤は苦戦する場面の多かった藤村&水野組だが、最後は一気に逆転。タッグリーグ戦などではなかなか結果を出せないチームではあるが、実力はついていることを見せた試合だった。


○藤村亜矢 (13分51秒 ジャーマンスープレックスホールド)中条ともみ
  水野亜紀                               戸沢珠姫×
2261.jpg 2262.jpg

今年のタッグリーグ戦決勝は昨年優勝の宮内&加藤組と一昨年に優勝した伊藤&木村組の対戦となった。
試合は木村と加藤の先発で始まり、開始からしばらくは両チームともグラウンドを中心にじっくりと相手を攻めるような展開だったが、宮内組がまず木村に狙いをしぼって攻勢に出た。宮内と加藤の合体攻撃から加藤は木村にジャンピングニーパッド、ボディスラムと攻め込む。木村もエルボー、DDTで反撃するが、加藤は再度ジャンピングニーパッドからネックブリーカードロップで木村をダウンさせる。

2263.jpg 2264.jpg

加藤はコーナーポスト最上段からの雪崩式ブレンバスターで木村をフォールするが、木村はどうにかカウント2で返す。加藤は木村を引き起こしてだめ押しを狙うが伊藤がカット。
伊藤と木村は加藤にツープラトンのブレンバスター、交代した宮内を2人攻撃から伊藤が水車落としてフォールに行くがカウントは2。宮内は伊藤をロープに振ってキチンシンクから風車式バックブリーカーと反撃、加藤にタッチしてダブルクロースライン。加藤は伊藤をフォールするがカウント2。
伊藤は加藤に至近距離からのラリアット、そこから強引にデスバレーボムでたたみかける。

2265.jpg

伊藤はそのままフォールに入るが宮内がカット。
伊藤は木村とタッチし、木村は加藤をロープに振るとフライングニールキック。伊藤が宮内をブロックし、木村が加藤をフォール、伊藤のラリアットからの連続攻撃を加藤は返せず3カウントが入り、伊藤&木村組の優勝が決まった。
伊藤&木村組が安定した力量を持つ一方で、宮内&加藤組は大技のある加藤の決定力を生かす作戦だった。だが宮内組は試合中盤のチャンスで決めきれず、木村と伊藤の粘りとチャンスを逃さない試合運びが上回った。

   伊藤裕美 (17分14秒 片エビ固め) 宮内マリア
○木村多香子                  加藤佳恵×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。