FC2ブログ
過去の試合記事・画像を置いています。

2012/05   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2012/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2383.jpg

普段は前座で試合をしている吉見有紀が休憩後の第4試合に登場し、宮内マリアとシングルマッチで対戦した。
試合はグラウンドでの攻防が中心で、ほとんどの 場面で宮内が優勢だったが、吉見も宮内の技を切り返してアームロックを見せたり、ショルダータックルからブレンバスターを出したりと反撃を見せた。試合は 宮内が羽折固めで勝利した。

○宮内マリア(7分29秒 羽根折り固め)吉見有紀×
スポンサーサイト
2382.jpg

水野亜紀と戸沢珠姫がシングルマッチで対戦した。
水野は首投げからヘッドロック、ボディシザースとグラウンド技を出していくが、戸沢は足を取って関節技で 反撃し、水野がロープに逃れることになった。
戸沢は弓矢固めやカベルナリアで水野を攻めるが、水野はフェースクラッシャーから飛び技で反撃、スワンダイブ 式ミサイルキックから前方回転エビ固めで戸沢をフォールした。

○水野亜紀(10分41秒 前方回転エビ固め)戸沢珠姫×
2381.jpg

中条ともみと渡辺美帆がシングルマッチで対戦した。試合開始から美帆はドロップキックを連発して攻め込んでいくが、中条がロープに振ってのエルボーから逆 に攻勢に出る。中条はラフファイトもまぜながら優位に試合を進め、、美帆は返し技で丸め込んだりと反撃するがペースが続かない。
試合は中条が美帆をセントーンでフォールして勝利した。

○中条ともみ(9分32秒 片エビ固め)渡辺美帆×
2371.jpg 2372.jpg

世界ヘビー級王者のワイルド・ローズが来日し、FFWヘビー級王者である山本里英とタイトルマッチを行った。山本は世界王座挑戦は初めてであるが、FFW内での有力選手全員を相手に勝利しての満を持しての挑戦である。

試合はロックアップからローズの主導でグラウンドの攻防となった。ローズは山本の腕を極めた状態からヘッドロックへと移行し、さらに首から肩を極めていくが山本は脱出してローズをロープに振ってショルダータックル。山本の逆エビ固めをローズはロープに逃れるが、山本は一度ブレイクするもローズをロープ際から離して脚にニースタンプ。さらに脚の付け根へのストンピングでローズの動きを止めてからネックブリーカー、低空ブレンバスターでフォールするがカウントは2。

2373.jpg 2374.jpg

山本はローズを引き起こしてロープを使ったアームブリーカーなどを見せるがレフェリーが制止してブレイク。山本がローズをロープに振るがローズはショルダータックルで山本を倒し、逆に山本をロープに振ってフライングラリアット、さらにフロントスープレックスで投げ捨てる。
ローズは一呼吸置いてからダウンした山本を引き起こすが、山本は首固めで切り返すもカウント2。ローズは山本の背中に腕パンチを連発してからロープに振ってスパインバスター。そのままフォールするが山本はどうにかカウント2で返す。

2375.jpg 2376.jpg

フォールを返されたローズはボム系の技をねらう体勢になるが、山本はエルボーでローズの体勢を崩すとコーナーに押し込んでショルダータックルから膝蹴りで反撃する。
試合の流れを変えたところで山本はDDT、そのままローズをフロントネックロックにとらえる。ギブアップには至らなかったがこれでローズの動きは止まった。山本はネックロックを解いてファルコンアローでローズをフォールするがカウント2。

2377.jpg

ファルコンアローを返された山本は、もう一つの必殺技ジャーマンスープレックスを出す。ローズは返せずに3カウントが入り山本が勝利、IWWA/PLWA世界王座を獲得した。

FFWから世界王者が誕生するのは初めてのことであり、IWWA王者に日本人選手がなるのも20年ぶりである。今日の試合終盤の流れは山本の力量を十分に示しているように思えるが、これからPLWA傘下の各団体の王者を相手に山本がどのような試合を展開していくか、現在から期待されるところである。

○山本里英(22分17秒 ジャーマンスープレックスホールド)ワイルド・ローズ×
2361.jpg 2362.jpg

伊藤裕美と藤村亜矢がタッグマッチでメドゥーサ北川&ルナティックと対戦した。
北川とルナティックは試合開始から2対1での攻撃を多用し、自軍コーナー近くで頻繁に交代しながら優勢に試合を進める。伊藤と藤村は自分のペースで試合をできず攻撃を受ける一方の展開となったが、長時間藤村が1人で攻められたものの粘ってフォールにまでは至らなかった。

2363.jpg 2364.jpg

伊藤組は10分過ぎに藤村と交代した伊藤がラリアットや水車落としで北川組にラッシュをかけて形勢を逆転し、コーナーポスト上の藤村を伊藤が投げ下ろす合体技でルナティックをフォールした。
試合の序盤はこのまま北川組のペースで試合が決まるかと思われたが、伊藤と藤村が実力を発揮して逆転、結果として両チームともに見せ場の多い試合となった。

 伊藤裕美(13分39秒 片エビ固め)メドゥーサ北川
○藤村亜矢               ルナティック×
30分1本勝負 平島玲VS中村香織

2351.jpg 2352.jpg

今月のSPARK!第1試合に平島玲が出場し、LIP系フリーの中村香織と対戦した。
飛び技の得意な両者ともに試合開始とともにドロップキックを出したのは相打ちに終わるが、その後も序盤から空中戦の続く試合となった。
キャリアがやや長い中村は多彩な飛び技で平島を圧倒するが、フォールにまでは結びつかない。一方で押され気味だった平島が逆転し、SPARK!出場選手で最小の中村をボディスラムからの逆エビ固めなどパワーを生かした技で追い込んでいく。
中村の動きが落ちてきたところで、平島はこの日初公開のゴリースペシャルに中村を捕らえ、技をかけたままリング内を歩き回って中村をギブアップに追い込んだ。平島はデビューしてからの初勝利をSPARK!で記録したことになる。

○平島玲(9分35秒 ゴリースペシャル)中村香織×



30分1本勝負 渡辺香奈VS彩宮涼代

2353.jpg 2354.jpg

渡辺香奈はセミファイナルに出場し、SPARK!では主力選手となっている彩宮涼代と対戦した。
試合はグラウンドの攻防から始まったが、彩宮の方がグラウンドでは優勢で渡辺は技を受ける展開が開始後しばらく続いた。渡辺はロープにエスケープしたところから強引に彩宮をコーナーに振って串刺しドロップキック、そこから飛び技で反撃する。渡辺はジャンピングヒップドロップからそのままエビ固めで彩宮をフォールしようとするがカウントは2。
彩宮は渡辺にエルボーからDDTで反撃し、ロープに振ってのボディシザースドロップでヒップドロップのお返しをする。フィニッシュ技の一つだがそのままフォールには行かず、引き起こして垂直落下式ブレンバスターで渡辺をフォール。彩宮が勝利した。

○彩宮涼代(9分26秒 体固め)渡辺香奈×

 | Copyright © POSERRUMBLE ARCHIVE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。